ブログBlog

Blog

046-836-5580

受付時間

【平日】

9:30~13:00
15:00~19:30

【土曜】

8:30~12:30

定休日

水曜午後(祝日のある週は除く)
土曜午後
日曜・祝日

Home > ブログ > 寒さと身体の不調との関係性

ブログ

寒さと身体の不調との関係性

こんにちは
前田接骨院受付スタッフです^^

年を越し、寒さが段々と本格化するこの季節…

「なんだか身体がいつもより痛むな」
なんてことありませんか?

当院に通われている多くの方が、寒さが強くなると、
腰痛の痛みが強くなった、等の不調を口にされます。
たまたまじゃない?なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
腰痛などの体の不調は、寒さと実は大きな関係があるんです。

 


 

1寒くなると同じ体勢や不自然な体勢を長時間とってしまう
寒い日はこたつに入ったまま出たくない…なんて心あたりある方も多いんじゃないでしょうか?
極力こたつから出ないように必要なものを手の届く範囲において…
なんてしてしまうと、ずっと同じ体勢が続いてしまうことになります。
同じ体勢を長時間とり続けるのは身体、特に腰に大きな負担をかけるといわれています。
動くのが億劫でも、できれば30分に1回立ち上がって同じ体勢を取り続けないことが大切です。

2寒くなると運動不足になる
夏はスポーツをしている方でも、冬はお休み…
ランニングも朝の冷え込みが強くて断念…
どうしても運動不足になりがちですよね。
運動不足は筋力の低下を促してしまいます。
腰回りの筋肉も衰え、結果的に上半身を支えている腰が悲鳴を上げ腰痛を引き起こしてしまうのです。
また、筋力の低下により血行も悪くなるので悪循環となってしまうのです。

3寒さで身体が冷えて血行不良になる
寒くなると身体、特に末端が冷えてしまいますよね。
この「冷え」が腰痛と関係してきてしまします。
冷えは”血行不良”を招くため、筋肉のエネルギーの代謝がスムーズになされずに、疲労物質が腰に溜まってしまうのです。
ですので冷え性の方は腰痛になりやすい傾向にあるといえます。

 


 

特に冷えは、意識して対策していかないと、いつのまにか冷えてしまうもの…
身体を冷やさないためのポイントをご紹介します

1.衣服での対策
下半身を冷やさないことが特に大切です。
女性の方はなるべくスカートを避け、パンツを選ぶと良いと思います。
最近はパンツの下に穿くヒートテックなども登場していますので、利用するのもおすすめです。
どうしてもスカートを穿きたい方は厚手のストッキングや、ブーツを穿きなるべく身体を温めるようにコーディネートしましょう。

2.食事での対策
大根、ゴボウ、アサリなどの身体の熱を冷ます食べ物はできるだけ控え、身体を温める効果の高い食材を中心に摂取するようにしましょう。
身体を温める食べ物とは、
肉類なら鶏肉
魚介類ならイワシやエビ、カツオなど
野菜を摂る際には生野菜ではなく、温野菜。この季節ならお鍋やスープに入れるのもおすすめです。

3.入浴での対策
「面倒だから」とシャワーだけで済ませることが多い方は、できるだけお湯に浸かる日数を増やすことが大切です。
シャワーだけでは身体が十分に温まらず、冷えをため込む原因となってしまします。
一方で、熱いお風呂に入るのが好きな人も要注意です。
熱いお湯は身体の表面を急激に温めるだけで、お風呂から出るとすぐに体温が下がってしまいます。
一番いいのは、ぬるめのお風呂に時間をかけてゆっくり浸かることです。
身体が芯から温まり、筋肉のコリもほぐれやすくなります。
毎回が難しければ、週に1~2回試してみてください🛁

4.運動での対策
冬できるスポーツは限られてきてしますが、年中通して簡単に行えて効果的なスポーツをご紹介します

①ウォーキング
簡単に行えるのが最大の魅力で、
腰に負担を与えることなく腰痛対策ができるのであらゆる世代の方におススメできます。
腰痛予防に効果的な腰回りの筋肉を無理なく鍛えることができます。
室外に出るのが億劫というかたは、手ごろな価格でウォーキングマシンも販売されていますので、
検討されてみてはいかがでしょうか?

②ストレッチ・ヨガ
ヨガや骨盤体操は腰回りの筋肉を強化したり、骨盤を正しい位置に戻すので腰痛対策にはもってこいです。
ただし、現在強い痛みを感じている方は無理をしないでください。
現在かかりつけの医師がいる場合には必ず相談をし、悪化させないようメニューを組んでもらいましょう

③プール
水中でのウォーキングや水泳は膝への負担も少なく、全身の筋肉を程よく使うのでとてもおススメです。
プールウォーキングの基本になるのは、地上と同じようにして歩くことだそうです。
大切なのは背筋を伸ばした姿勢を維持することです。
少しのウォーキングで地上で歩く以上の効果が身体への負担も少なく得られますので、
近くに室内プールがある方は通ってみるのもいいかもしれませんね。

 


 

いかがでしたか?
寒さによって身体の痛みが強くなった、と感じる方は是非試してみてください。
身体を冷やさないことはさまざまな身体の不調を防ぐのに有効です。
まずはできるところから、身体を冷やさない工夫を始めてみてはいかがでしょうか?
ご自分に合った方法で、寒い時期の腰痛を少しでも緩和できれば幸いです。

シェアするShare

ブログ一覧