ブログBlog

Blog

046-836-5580

受付時間

【平日】

9:30~13:00
15:00~19:30

【土曜】

8:30~12:30

定休日

水曜午後(祝日のある週は除く)
土曜午後
日曜・祝日

Home > ブログ > ダイエットには筋トレが必要?継続するコツ

ブログ

ダイエットには筋トレが必要?継続するコツ

ダイエットを成功させるためにはやっぱり筋トレが大切…、ということは頭では分かっていても、いざやってみるとそのハードさになかなか続けられなかった。という経験がある方も多いでしょう。

 

そんなあなたでも、ダイエットのための筋トレで挫折しないためにどんな工夫や取り組み方をしたら良いのか、について考えてみました。

 

と、その前にダイエットと聞くと真っ先に思いつく、ウォーキングなどの有酸素運動だけでは痩せられないのか?またそれらの違いについて理解することも必要です。

目次

有酸素運動と無酸素運動の違い

ダイエットに欠かせない運動ですが、有酸素運動と無酸素運動という2つに大別されます。
運動系ダイエットに興味がある人は、一度くらい耳にしたり、実際に調べたことのある言葉だと思います。

しかし、その違いを聞かれたら、うまく答えられない人もいるのではないでしょうか。

有酸素運動と無酸素運動の違い、そしてダイエットに必要なのはどちらなのか、これらについてまとめてみました。

有酸素運動とは

有酸素運動で代表的なものには、ウォーキングやサイクリング、エアロビクス、水泳などが挙げられます。

一般的に糖質や脂肪を燃焼させ、エネルギーを生み出す際に酸素を必要とする運動を指しています。ある程度の時間にわたりこれらの運動を行うことで、体内の脂肪燃焼を促すことができます。

このため、ダイエットや減量を目的とする脂肪を燃焼したい人には向いている運動となります。

また、有酸素運動は健康維持にも非常に役に立ちます。
血液中に含まれている悪玉コレステロールや中性脂肪を間接的に減らしてくれる効果もあると言われているからです。

そのほか、全身の血流を良くしたり、足腰の筋力アップにもつながります。

無酸素運動とは

無酸素運動は有酸素運動と違い、スポーツジムのマシントレーニングや短距離ダッシュなどの、強度が強い運動を単発的に行う運動のことをいいます。

おもに糖質だけからエネルギーを生みだすため、エネルギー代謝に酸素をあまり必要としません。

短時間に強い力が必要なため、長時間継続するのは難しい運動です。

しかし、これを繰り返して行うことで筋肉量が増え、基礎代謝を向上させることができます。さらに身体の引き締め効果が期待できます。

結局どちらの運動がダイエットに必要?

2つの運動の違いとダイエットへの効果を簡単にまとめるとこのようになります。

◆有酸素運動:脂肪燃焼効果、ウォーキングやエアロビクスなど、ある程度の時間、運動を継続することが効果的。

◆無酸素運動:引き締め効果、基礎代謝の向上。筋トレ、短距離ダッシュなど。

ダイエットに必要なのはどちらかという疑問ですが、結論としては、バランスよく健康的に痩せるためには両方の運動を組み合わせて行うのが理想です。

ただ、特に体脂肪を燃焼させたい人は有酸素運動中心に、部分痩せや身体の引き締め効果を得たい人は無酸素運動を中心として行うとより理想の身体の状態に近づくのではないでしょうか。

自分の目的に合わせてライフスタイルにうまく組み込むような形で、運動する習慣をつけるよう心掛けてください。



これで、2つの運動の違いや効果についてご理解いただけたかと思います。
ではここからは、筋トレに焦点を当てて、継続するコツを紹介します。

筋トレを継続するコツ

1. 無理な目標はたてない

もともと運動が苦手だったり運動をする習慣がないのに、最初から腕立て30回に腹筋30回を毎日など、ハードな目標を立ててしまうと、すぐにツラくなって続けることができなくなってしまいます。

まずは、継続することを目標に、今の自分の力の限界よりほんの少しだけ先、というくらいの強度や回数を目指してください。

例えば、もともと運動習慣がなく筋力がないという方なら、最初は膝をついた腕立て伏せから始めるなどケガを避けるためにも焦らず行いましょう。

このように無理のない範囲で目標をたてることで、挫折の原因を極力減らせるはずです。

2. 友人と協力しながら行う

一人で黙々とやるのが苦手という方は、誰かと一緒に目標を立てて報告し合うことでモチベーションを維持することができ、継続しやすくなります。

さらに、同時期に始めることで辛さを共感でき、励ましあったり、情報も共有できるので、より楽しくダイエットのための筋トレを続けることができるのではないでしょうか。

3. すきま時間に筋トレする

月・水・金の19時から毎週やる。というように曜日や時間を決めて筋トレダイエットをしていると、忙しい時期や疲れた時にはついついさぼってしまい、そのまま挫折してしまうという方がとても多いです。

そのため、少し肩の力を抜いて、通勤・通学途中やデスクワーク中、テレビを見ながら、家事をしながらなどでも簡単にできる筋トレがあるので、まずはそこから始めて、継続する習慣をつけることを目指しましょう!

今後このブログでも、そのようにちょっとした時間でもできる筋トレやエクササイズなどを紹介していきますので、楽しみにしていてください。

4. 筋トレグッズを使ってみる

筋トレは、慣れてきたら自分の限界まで筋肉を酷使してこそ効果を実感できるものです。

もちろんダイエットのための筋トレですから、身体を痛めつけるようなトレーニングは絶対におすすめできませんが、ある程度の強度は必要です。

なので、少しでも楽しさを感じられると良いと思いませんか?
最近はさまざまな筋トレグッズがありますので、探してみるのもいいかもしれません。

ただし、間違った使い方をしたり、個人の身体の状態に合わないものを使ってしまうとケガをするリスクもあります。
使ってみて少しでも痛みや不調が出るようでしたら、すぐに使用を中止してください。

今まで筋トレを続けられず失敗してきてしまったという方は、試しに一度、筋トレグッズを取り入れてみてはいかがでしょうか?
気分が変わりモチベーションが上がったり、時間の短縮ができることで、筋トレの継続につながるかもしれません。

初めから続けられないと諦めず、いろいろと工夫することも重要です。




今後も、まえだ接骨院では、なかなか継続が難しいダイエットや筋トレを、健康的に続けられるような情報を発信していきますので、楽しみにお待ちください。

きっと皆さんのダイエットの成功や痛みの改善への力になれるはずです!

シェアするShare

ブログ一覧