ブログBlog

Blog

046-836-5580

受付時間

【平日】

9:30~13:00
15:00~19:30

【土曜】

8:30~12:30

定休日

水曜午後(祝日のある週は除く)
土曜午後
日曜・祝日

Home > ブログ > ダイエット中でも甘いものが食べたい!対処法

ブログ

ダイエット中でも甘いものが食べたい!対処法

ダイエット中は、頭ではわかっていても、ダメだと思えば思うほどついつい甘いものが食べたくなってしまうということはよくありますよね。

 

その欲求に負けて食べてしまい、とんでもなく後悔した経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、そんなダイエット中に甘いものを食べたくなったときの対処法をお伝えします。

目次

甘いものが食べたくなった時の対処法

対処法1 『とりあえず体を動かしてみる』

甘いものを食べたい欲求にかられたら、まずは体を動かしてみましょう。

運動という別のことに集中し、意識を遠ざけるだけでも気分は変わりますし、カロリーも消費できてまさに一石二鳥です!

膝に痛みなどが無いのであれば、その場でできるスクワットがおすすめです。身体の中で特に大きな筋肉である太ももを使うことで、カロリー消費がより期待できます。

対処法2 『趣味や散歩などで意識を別のところに持っていく』

先ほどの運動とも重なりますが、趣味など何か他に集中できるものを始めて、意識を完全にそちらに向けてしまうのも一つの方法です。

一度、甘いものから意識をそらすことができれば、甘いものへの欲求はしばらく感じることなく過ごすことができるはずです。

また、そういった趣味の時間を意識的に作ることで、ダイエット中のストレスを軽減させる効果も期待できます。

対処法3 『飲み物を飲んで気持ちを落ち着かせる』

飲み物を口に含むこともおすすめです。特に温かい飲み物を飲むと、気持ちを落ち着かせることができます。また、飲み物の種類に気を付ければカロリーを抑えることができるので、甘いものを食べたいという欲求を満たすことも可能です。

以前に試してみて美味しかったのが、ココアに少しはちみつを入れ、無調整豆乳で割ったものです。甘みも感じつつ、カロリーも抑えることができるのでいかがでしょうか?

いろいろ挑戦してみて、オリジナルの飲み物を作ってみるのも楽しいかもしれませんね!

それでも我慢できないときは潔く食べよう

何をやってもどうしてもダメな時は、我慢を諦めて一つ甘いものを食べて気分をリフレッシュさせましょう!無理に我慢してストレスをためると、かえって暴飲暴食のきっかけになるので、潔く気分を切り替えてしまうのもありです。

ただし、絶対に一つにとどめるということだけは守ってください。その一つをしっかり味わって、明日からまたダイエットを頑張る活力に変えましょう!

次は、ダイエット中のおやつの食べ方や注意することについて説明していきます。

ダイエット中のおやつの食べ方

ダイエット中、我慢しなきゃとわかっていてもついつい手が伸びてしまいそうになる美味しいおやつ。仕事や家事で疲れていたり、イライラが溜まっている時は、なおさら甘いものなどが食べたくなってしまいますよね。

ダイエット中の今は絶対におやつなんか食べちゃいけない!そんな風に考えている方に朗報です。食べるものや食べ方を工夫すれば、ダイエット中でもおやつを食べていいと思います。

そんなダイエット中にも食べることができるおやつの食べ方や注意点についてお伝えします。

1. 食べる時間帯に注意する

おやつを食べる時間を意識するだけで、太りにくくすることができます。

脂肪をため込む性質のある『BMAL1』というたんぱく質は、時間帯によって分泌量が異なり、15時ごろが最も少なくなります。そのため、おやつを食べる時間帯も15時を目安にすると比較的脂肪に変わりにくくすることが期待できます。

2. 腹持ちが良く低カロリーなものを選ぶ

普段の食事量や運動量、体型により多少の違いはありますが、ダイエット中にチョイスするおやつは、100~200キロカロリーを目安にすると身体への影響を少なくできます。

ケーキやスナック菓子などの高カロリーなものはできるだけ避けましょう。

また、腹持ちが良く低カロリーなものを食べることで、その後の食事量を少なくすることができるので効果的です。おすすめの食べ物は後ほど紹介します。

3. 温かい飲み物と一緒に食べる

おやつを食べるときは、必ず飲み物と一緒に摂りましょう。また、飲み物は冷たいものよりも温かいものを飲むことで代謝が上がり、よりダイエット効果を高めることができます。

さらに温かい飲み物にはリラックス効果もあります。ゆっくり落ち着いておやつを食べることができますし、ダイエットによるストレス解消にもおすすめです。

そして、飲み物と一緒に食べることでおなかの中で膨らみ、より満腹感や満足感を得ることにつながります。



続いて、ダイエット中のおやつ、特にスイーツの選び方についてお伝えしていきます。

ダイエット中に食べるスイーツの選び方

ダイエット中、スイーツは大敵だとわかってはいても、なかなか簡単に食べるのをやめられるものではありません。ついつい気が付くとスイーツに手が伸びてしまい後悔したことはありませんか?

そんな方のために、ダイエット中でも後悔しないスイーツの選び方についてご紹介します。

1. スイーツを選ぶときはカロリーを確認する

いくら気を付けてさえいればダイエット中にスイーツやお菓子を食べてもいいと言っても、なんでも食べていいというわけにはいきません。

まずは、どれくらいのカロリーがあるのかを必ず確認しましょう。できるだけ低いカロリーのものを選ぶことが望ましいです。目安は1日に100~200キロカロリー以内で、その範囲に抑えるよう心がけましょう。

2. スイーツは和菓子もおすすめ

最近は、特に若い方は食べる機会が減っていると思いますが、どうしても甘いものを食べたいときは気分を変えて和菓子をチョイスするのもありです。

すべてではありませんが、洋菓子よりも和菓子のほうがカロリーが少ないものが比較的多く、さらに自然な甘みもあるので小さめのものでも十分満足できると思います。

さらに、和菓子によく使われている小豆は食物繊維やたんぱく質が多く含まれているため、ダイエット効果だけでなく美肌効果も期待できるのでうれしいですね!

ただ、先ほど申し上げた通り、必ずカロリーは確認してください。和菓子でもカロリーが高いものもありますので、注意しましょう。

3. 甘さを感じるドライフルーツ

ダイエット中に食べる甘いもので最近話題なのは、ドライフルーツです。芸能人もよく愛用しているドライフルーツは、甘みもありつつ食物繊維も豊富で低カロリーなものが多く、ダイエット中のおやつにぴったりかもしれません。

もちろん食べ過ぎるとカロリーオーバーになりますが、噛み応えもあるので少しつまむ程度に抑えれば、甘いものを食べたいという欲求も満たすことができます。

4. 実はダイエットに向いているチョコレート

スイーツが食べたいときに一番おすすめなのは、チョコレートです。チョコレートは濃厚な甘みがあり多くの女性から支持されている食べ物です。食物繊維を多く含み、代謝を上げる効果のあるポリフェノールも含まれています。

さらに極端ではありませんが、食欲を抑える働きも期待できます。ポイントは、ダイエット中のチョコレートはカカオ70%以上のものをチョイスしてください。それをゆっくりと味わって食べるようにしましょう。

どうしてもケーキが食べたい!そんな時は・・・

いろいろな方法があることはわかった。でも、どうしても大好きなケーキを食べたい!
そんな時は、卵・乳製品がメインのケーキを選んでください。

正直なところ、ケーキはスイーツの中でもカロリーが高めです。しかし、使われている材料を気にかけることで少しカロリーを抑えることができます。

小麦やバター、生クリームなどを多く使っているものは、カロリーがとっても高いのでなるべく控えてください。

卵や牛乳がメインになっているものを選べば、カロリーを抑えることができます。商品によっては200キロカロリー前後のものもあります。

例えば、チーズケーキやシフォンケーキ、ケーキ以外ではプリン、シュークリームなどがおすすめです。




理想の体型を手に入れるには食事管理が必須です。

でも、ただツラいだけの食事制限では継続が難しくなってしまいます。だからこそ、正しい知識を持って少しでもストレスなく行えるといいですね。

ダイエットを成功させるために頑張ってる自分へ、たまにはご褒美として好きなものを食べることも許してあげてください!



そんな頑張っているあなたへ、まえだ接骨院では有益な情報をどんどんお伝えしていきますので、参考にしてください☆

シェアするShare

ブログ一覧